協会概要

協会名
一般社団法人秋田県バスケットボール協会
会長(代表理事)
一関 俊和
副会長
小林 敏明
中島 誠
伊藤 健
専務理事
保坂 明
事務局長
山中 淳
常務理事
伊藤 義彦「医科学担当」
斎藤  亨「審判審査担当」
佐々木 秀樹 「事業企画担当」
木村 哲也 [総務部] 
小松 和幸 [競技部] 
久米 克弥 [審判部]
千葉 俊彦 [報道部] 
千田 裕之 [技術部] 
理事
阿部 義弘 「鹿角」
長浜  中 「能代山本」
進藤 吉彦 「男鹿潟上南秋」
土田 信夫 「本荘由利」
伊藤 勇紀雄 「大曲仙北」
佐藤 公作 「湯沢雄勝」
鈴木  久 [実業団連盟] 
猪岡 堅二 [クラブ連盟] 
大坂 康広 [教員連盟] 
伊藤  泰 [高等学校体育連盟] 
宮川 宣之 [中学生体育連盟] 
神田 徳行 [ミニバス連盟] 
飯坂 惠子 [ママさん連盟] 
監事
福原 幸成
半田 祐毅
事務局
〒010-0951
秋田市山王6丁目9-1 五晃ビル4F
tel; 018-874-7719
fax; 018-874-7729

基本方針

協会財政基盤の再構築及び協会組織の充実と活性化
1)一般社団法人化後の協会財政の効率的な資金管理及び適正運用と会計処理の迅速化を図る。
・平成30年度からの「日本協会・新登録料制度」移行に向けた協会運営費の適正化
・会計運用科目、運用手法等の法人会計システムの確立
2)日本協会主導による改革方針に対応した郡市・市町村協会、各連盟との緊密且つ真摯な連絡・協議体制の確立と組織体制の充実と運営の活性化を図る。
・秋田県社会人連盟の設立と役員及び組織、規約等の整備
・大会開催方式(リーグ戦化)変更に伴う競技運営方法の検討委員会の設置
大会開催に向けた協力体制の確立とスタッフ養成
1)平成29年度開催の各種大会に向けて、開催地区及び各連盟との連携を図り、大会運営役員・スタッフの養成を図る。
・東北中学校大会(平成29年8月/秋田市)
・東北総合体育大会(ミニ国体) (平成29年8月/大館市)
・東北ミニバスケットボール交歓大会(平成30年3月/秋田市)
・全国ゴールデンシニア2017秋田大会(平成29年9月/秋田市)
・第19回Wリーグ・レギュラーシーズン(平成29年10月/大館・11月/横手市・秋田市)
・第19回Wリーグ・プレーオフ・クォーターファイナル(平成30年3月/秋田市)
競技力強化及び普及体制の確立
1)トップリーグの大会を招致・開催し、トップチーム・トップアスリートのプレー観戦機会を増やすことにより指導者及び選手の強化策の一環と位置付け、競技力向上と底辺の拡大に努める。
2)「AKITA WAY PROJECT」の積極的推進による「チーム秋田」の確立
・強化委員会・指導者懇談会等の開催により強化スタッフのコミュニケーションを図るとともに、中・長期的視野に立った「指導者育成・選手強化策」を立案し、ミニ・中学・高校の各連盟との連携を緊密にして一貫指導体制の確立を図る。
3)国内トップクラスの指導者を招聘する等研修意欲を喚起する施策を企画・実施し、指導力の向上につなげる。
4)競技部「3×3委員会」を中心に、3×3競技の普及・振興に努めるとともに、県大会の開催・運営を行う。
5)技術部「マンツーマン推進委員会」を中心に、「アシスタントディレクター及びコミッショナー養成講習会」を開催するとともに、ルール運用の管理を行う。