協会概要

協会名
一般社団法人秋田県バスケットボール協会
会長(代表理事)
一関 俊和
副会長
小林 敏明
中島 誠
伊藤 健
専務理事
保坂 明
事務局長
山中 淳
常務理事
伊藤 義彦 [スポーツ医科学]
斎藤  亨 [審判審査]
佐々木 秀樹 [3x3]
木村 哲也 [総務] 
小松 和幸 [競技会] 
升屋  章 [審判]
千葉 俊彦 [報道] 
千田 裕之 [選手強化]
戸島 健人 [T・O]
金  清祐 [指導者養成]
理事
阿部 義弘 [鹿角]
長浜  中 [能代山本]
川村 信啓 [男鹿潟上南秋]
土田 信夫 [本荘由利]
伊藤 勇紀雄 [大曲仙北]
佐藤 公作 [湯沢雄勝]
大坂 康広 [ユース育成] 
島田 好雅 [社会人連盟] 
神田 徳行 [ミニバス連盟]
伊藤  泰 [高等学校体育連盟] 
福山 健太 [中学校体育連盟] 
桑原  淳 [Bリーグ] 
監事
福原 幸成
半田 祐毅
事務局
〒010-0951
秋田市山王6丁目9-1 五晃ビル4F
tel; 018-874-7719
fax; 018-874-7729

基本方針

協会組織の再編成と協会財政の効率的な運用
1)日本協会主導の改革方針に沿った組織の見直しを行い、協会運営における郡市・市町村協会及び各連盟との連携強化を図る。
・アンダーカテゴリーのリーグ戦化及び育成センター活動を推進するための運営組織を、郡市・市町村協会まで拡充して体制の整備を行う。
2)「新登録料制度」移行に伴い、協会運営費の適正化を図るとともに、D-fundを有効に活用して事業を推進する。
・運営管理費の適正運用と収益事業による収入不足分を確保する。
・社会人県リーグ、ジュニア強化活動、県高校新人大会のD-fund活用による効率的な運営を行う。
大会開催方式の変更に伴なう運営対応と大会スタッフの養成
1)全日本選手権大会、国体U-16化に伴なう県代表選考会の実施方法の見直しを行う。
2)平成30年度開催の各種大会に向けて、各種大会に関係団体との連携を図り、運営役員・スタッフの養成を行う。
・東北高校新人大会(2019年2月)
・第20回Wリーグ・レギュラーシーズン(2018年11月・12月)
・第20回Wリーグ・クォーターファイナル(2019年2月)
競技力強化及び普及体制の整備・確立
1)国体改革に伴なう少年種別のU-16化に対応するため、育成センター組織を編成するとともに、ミニ・中学・高校が連携した一貫指導体制を構築し強化を図る。
・ミニ・中学の郡市選抜大会の開催による強化候補選手を選考し、年代別チーム編成を行い、強化を図る。
2)「AKITA・WAY・PROJECT」の積極的推進による「チーム秋田」の確立
・トップリーグの大会招致、国内トップクラスの指導者招聘による講習会開催等でアンダーカテゴリーの選手及び指導者の意識改革に繋げて、競技力の向上と底辺の拡大に努める。
・3×3競技の普及・振興とミニ中学における「マンツーマン」の普及・強化を図る。